New
Kingii
ウォーターレジャーを愛する全ての人へ!
New
Kingii
ウォーターレジャーを愛する全ての人へ!

頼りになる!だから、楽しめる!

ありそうでなかったものを具体化した製品。

Kingiiは軽いので、ウォーターレジャー中はもちろん、水中でも身に付ける事が出来ます。Kingiiの中には、簡単に取換え可能なCO2シリンダーが入っています。シリンダーを取換える事で何度でも使用可能です。ウォーターレジャーを愛するあなたなら、きっとKingiiも好きになるでしょう。

Step 1
Step 2
Step 3

Kingiiは、浮遊装置ではありますが、救命器具ではありません。救命器具である救命胴衣の代わりにはなりません。詳しくはセキュリティーアドバイスを必ずお読み下さい。

 

ウォータースポーツ

飽くなき冒険心を満たす。 あなたをワクワクさせると同時に,危険と隣り合わせである事を心に留めていて欲しい。普段は付けていることを忘れてしまうほどのコンパクトなKingiiは、あなたが必要な時、助けてくれ、頼りになります。

Buy now

 

スイミング

家族や愛する人と思いっきり楽しむ ウォーターレジャー、その楽しい時間を守るために、あなたが全てを注意する事は果たして可能でしょうか?万が一に備え、Kingiiを装着しましょう。

BUY NOW

レジャータイム

安心があるから、楽しみに集中できる釣り、カヤック、シュノーケルなどのアクティビティにだって、危険はいっぱい。Kingiiを身に付けて、より安全に安心に。そしてもっと楽しく。

BUY NOW

船上

ボートやクルージングを楽しんでいますか?救命胴衣を着用し、Kingiiを身に付ければ万が一の際も、とても力強い助けになるでしょう。より安全に、より楽しい旅をKingiiと共に!

BUY NOW

Our story

水難事故を考える事,これは他人事ではありません。

こんにちわ、Kingiiの発明者トム・アガピアデスです。

私がKingiiを発明したのは、実は非常に辛い体験がきっかけでした。それは、大親友が溺れて亡くなってしまった事です。どんなに泳ぎが得意であろうと、水難事故は起こり得る、彼は身をもって私にそのことを教えてくれたのでした。

私は、水難事故を防ぐ「何か」が必要だったのは、大親友だけではないことを知りました。調べてみると世界では、年間372、000人もの人が溺れて亡くなっています。この事態を何とかしようと、私は世界で最小の水難回避浮揚アイテム、Kingii を発明しました。 Kingiiは、救命胴衣の代わりではありませんが(セキュリティーアドバイスを必ずお読み下さい。)、水面に浮かぶ助けとなり、溺れてしまう危険から、あなたやあなたの大切な人達を守る助けとなるでしょう。ウォーターレジャーは、私たちの心構え次第で、安全で楽しいものになります。私たちと一緒に安全で楽しいウォーターレジャーシーンを作っていきましょう。

トム・アガピアデス

Tom Agapiades

Kingii発明者

Our storyは、世界中を駆け巡ることとなる!

Huffington Post・NBC・The New York Times・Wiredなど世界の多くのメディアが、Kingiiを取り上げ、また多くの人々へ水難事故への注意喚起を促して頂いた事にとても感謝しております。

(...) I was skeptical when I first took it out of the box and set it up on my wrist to test it during a recent vacation. The device seemed big and felt awkward when I first jumped the water. 

But after a few minutes of paddling around, I barely felt it. I wore it off and on while wake-boarding, jet-skiing and even swimming in open water for exercise.

When I lifted the lever, the airbag shot out just as advertised and pulled me straight to the surface, where I had to kind of wrestle it into position in front of me to keep my head above the waves. Once in that position, it provided more than enough buoyancy to keep me afloat. (...)

社会貢献

障害者支援団体とのコラボレーション

私たちは,非営利である大きな障害者支援団体の1つとコラボレーションしています。障害者の皆様に、Kingiiの組み立てのお仕事を依頼する事で、社会貢献になれればと考えています。